Private Online英会話クラス紹介!瞬間翻訳編

「Private Online英会話のレッスンが実際にどんなふうに進められるのか、事前に知りたい!」という方もいらっしゃると思います。

今回は人気科目の「瞬間翻訳」のレッスンについて、詳しくレポートいたします。

そもそも「瞬間翻訳」とは?

レッスンの様子をご紹介する前に、「瞬間翻訳」について簡単にご説明します。
「瞬間翻訳」とは、日本語で書かれた文章を見て、瞬時に英語で言うトレーニングです。
「瞬間」という名前のとおり、日本語の文章を見たら間を置かずに、できるだけ素早く英文を言わなければいけません。

このトレーニングを繰り返すことによって、徐々に言いたいことをパッと英語で言えるようになり、正しい構文のセンテンスで話せるようになっていきます。
「いつまで経っても、単語とジェスチャーだけで会話をしてしまう…」という悩みを持つ方に、ぜひ受けていただきたいレッスンです。

 

◆瞬間翻訳のメリット
1.言いたいことを「正しい文法で、瞬時に」言えるようになる
2.単語やジェスチャーではなく、文章で話すクセをつける
3.正しい文の構造、文法が身に付く

「瞬間翻訳」のレッスン内容をご紹介!

それでは、いよいよ「瞬間翻訳」の授業をスタート!
クラス内容を詳しくご紹介いたします。

まずは、その日のテーマを確認

さて、この日のレッスンテーマは「SUBORDINATING CONJUNCTIONS(従属接続詞)」です。

まずは先生に「SUBORDINATING CONJUNCTIONS」を知っていますか?と聞かれます。
残念ながら分かりません…(汗)

でも、「CONJUNCTIONS(接続詞)なら知っています! 」というと、先生はすかさず
「Good‼」と褒めてくれます。
このようにして、まずはこの日のレッスンでターゲットとなる文法事項を簡単に確認します。

1レッスンにつき、1つの文法テーマ!

レッスンで使うテキストは、Skypeを通じてあらかじめ送られてきますので、ダウンロードしておきます。
このレッスンでは「日本語⇒英語」への翻訳をするため、テキストの文章はすべて日本語で書かれている点が、他の科目と異なります。

この日レッスンで使ったテキストはこちら。
1ページにつき10の文章なので、ほどよい分量です。

瞬間翻訳のテキストは、1ページにつき1つの文法事項でまとめられているのが、大きな特徴。

毎回ターゲットとなる文法事項があり1つの文法テーマにフォーカスしながら1文ずつ翻訳をしていきます。

先ほどご紹介しましたように、この日のレッスンテーマ「SUBORDINATING CONJUNCTIONS(従属接続詞)」を含んだ文章がずらりとならんでいます。

いよいよ「瞬間翻訳」スタート!

いよいよ「瞬間翻訳」スタート!

テキストにある文章を1から10まで順番に翻訳するのかと思いきや、先生は「No.3」「No.7」…と、ランダムに言わせます。

いろんな意味で「英語の瞬発力」が問われる授業です。

未来=willとは限らない

ではテキストの日本語を見ながら、瞬間翻訳をやってみましょう!

この日のレッスンでチャレンジした文を4つご紹介します。

◆問題1◆
問  題: もし明日晴れたら、彼らはサッカーをします。
私の答え: If it will be sunny day tomorrow, they will play soccer.
模範解答: If it is sunny tomorrow, they will play soccer.

⇒これはほぼ正解。
しかし、私の回答のようにsunny dayと言いたい場合は、aを付けて「a sunny day」としなければなりません。文法の知識はあっても、いざしゃべるとaやtheなどの冠詞は抜けがちです。

◆問題2◆
問  題: もし彼が明日も遅刻したら、私は彼をクラスから辞めさせます。
私の答え: If he will also be late tomorrow, I will make him stop the class.
模範解答: If he is also late tomorrow, I will drop him from class.

⇒「drop off=退学させる、脱会させるは、フィリピン留学の学校規則でも必ず出てくる表現ですが、とっさにはこの表現が出てきませんでした…

加えて、未来について話す時はつい「will」を使ってしまうのですが、先生曰く「文脈から未来だと相手に分かる場合は、常にwillをつける必要はないとのこと。勉強になります!

 

普段使わない単語を使ってみる

瞬間翻訳はまだまだ続きます!

◆問題9◆
問  題: お皿を洗った後は、カウンターへ(お皿を)戻して下さい
私の答え: Please return your dishes after you use them.
模範回答: Please return your plates on the counter after you use them.

⇒「これは簡単!」と思ったのですが、「on the counter(カウンターへ)」の部分がすっかり抜けていました…。
そして、お皿をdishesと訳しましたが、模範解答ではplates。
どちらも正解ですが、模範解答を確認することで「こういう時にはplatesを使うのもアリだな」と、新しい学びがありました。

これまで知らなかったイディオムの意味を知る!

いよいよ最後の問題です。
皆さんも考えてみて下さいね!

◆問題10◆
問  題: サッカーの試合が始まった後、太陽が雲の合間から顔を出しました。
私の答え: After the soccer game started, the sun appeared between the clouds.
模範解答: The sun broke through the clouds after the soccer game started.

⇒「雲の間から顔を出す」という部分をどう訳すかで悩みましたが、appearedくらいしか思いつかず…。
回答にあるbreak throughというイディオムについては「困難を突破する」という意味では知っていますが、レッスンの後に調べると「break through=(太陽・月が)雲間から現れるという意味もあることが分かりました!
これからは、雲の間から太陽や月が現れる様子を見るたびに「break thoughだ!」と思いだして、新しく覚えたイディオムを自分の中で定着させたいと思います^^

レッスンを受けた感想

今回受けた瞬間翻訳のターゲットは「SUBORDINATING CONJUNCTIONS(従属接続詞)」。
文章がやや長いこともあり、なかなか手ごたえがありました。

単語や文法など、知識はあっても、いざ声に出して言うととっさにはなかなか出てこないのが、瞬間翻訳の難しさ!
「分かる・知っている」状態と、「自然に使いこなせる」状態には大きな隔たりがあるのでした…。
しかし、このレッスンをコツコツ続けることで、徐々に英語の瞬発力が養えると感じました!

「瞬間翻訳」はこんな方におすすめ!

◆「瞬間翻訳」はこんな方におすすめです!◆

  • 英語を「単語の羅列」ではなく「センテンス」で話せるようになりたい方
  • 文法の知識があっても、スピーキングが苦手な方
  • 単純な構文の文章だけしか使えない方
  • 言いたいことを、自在に言えるようになりたい方

瞬間翻訳は、入門レベル~上級レベルの方まで、レベルに合わせた教材をご用意しております。
コツコツとレッスンを積み重ねることで、「話す力」を着実に伸ばしましょう!

PAGE TOP